読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAYONAYO

ナンダカ ボク キミシカ ミエテナイミタイ

ジャポニズム

『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』届きました!朝から飛び起きて受け取りました!去年の冬、札幌で見たあの光景が再びですね!!!感動!!!!JUMPちゃんが映っていたといことですが、どこにいましたか?笑 全然わからなかったです。

イン・ザ・ルームからのマスカレードっていう流れが最高に好きです。JUMPもMasquarade歌ってましたが、同じ名前でもカタカナと横文字じゃ雰囲気が変わりますね。嵐は昭和期の70、80年代バブルの時期で日本らしいものですが(個人的にはクルクルまわしてチャンネル変えるテレビでアイドルソングを家族で聞いている感じ)、JUMPはもっとがっつり中世ヨーロッパの仮面舞踏会って感じです。どちらも好きです。そしてどちらもアルバムのコンセプトに沿って同じ曲名でも色がはっきりちがうのでかっこいいなぁと思います。

最近はJUMPのDVDばかり見ていたので、久しぶりに嵐が歌って踊るライブ映像を見ると「あああ、嵐兄さんさすがっす」って言いたくなるよね。若さがもちろん違うんだけど、もうある意味貫禄出てきている気がします。衣装の感じも、ステージの使い方も、なんかもうプロですよね。さすがMJ。やることなすことかっこよすぎません??今から5万5千人幸せにされましたけど??そしてやっぱりドームはでかい!!!ひろいよ!!!去年アリーナ席で見れた私は本当に奇跡だったんじゃないかと思います。

衣装に関してもう少し語りたいです。基本的にTシャツにもなっていた千鳥柄にメンバーカラーが混ざっているのがすごくかわいいとは思っていて、ラストそれのベストを着ている相葉さんがすき(いきなりラスト)。コンセプトがコンセプトなだけに、和服がすごく多かったですね。OPの袖が着物みたいになっているのもすごく好きです。かわいい。まさにJaponismツアーOP!!って感じがしてこの衣装考えた人天才だな!!!!と私大歓喜。見に行ったときは衣装までまるで見えなかったので、こうしてDVDでおがめることに安心しています。インザルームのみんなの服も好きです。青いのは、ジャパンブルーとかいうやつでしょうか。関係ないかもしれません。相葉さんのシースルーに関してはコメントは控えさせていただきます。マスカレードでジャケット羽織ってかつハットもかぶっておしゃれな貴族になりすぎないあの舞台衣装最高ですね。個人的には櫻井さんの首元のあれ、なんていうの?スカーフみたいなやつ、あれ好きです。似合う。金持ち顔だから似合う。

嵐は絶対何があってもARASHI歌いますね。いいところ。初心を忘れちゃいけない。JUMPに比べてわちゃわちゃが少ないのはやっぱり人数のせいでしょうか。5人であのドーム駆け回るためにはメンバーとわちゃわちゃしてるじかんなんかなさそうですね。逆に、アリーナで9人てそりゃ場所もかぶるよな、メンバーいたらちょっかい出したくなるよな…。萌しかないじゃんなにこれ…。ダブルアンコールのくだり超かわいいね。感謝感激雨嵐とか超懐かしい好き。私いつか台風ジェネレーションやってほしいけどね。ニノのセリフ聞きたいけどね!!!!

昨日『ポポロ』と『Myojo』買いまして、うはうはしてます。結局雑誌って買ったら満足しちゃってあまり読みません。一緒にいた友人のほうががっつりしっかり呼んでました。そりゃあもう怖いくらいに。目に本当に焼き付くんじゃないかっていう勢いで読んでいましたよ。私はあんまり内容ちゃんとわかってませんが、野獣のやつ、知念さん最高にかっこよかったよ。いっつも思うけど知念って顔がしっかり濃いから、ああいうなんだろう野生のセクシーが似合う気がする。顔だけあの感じだされたら超セクシー!エロさはあんまりなくて、セクシーって感じがする。斎藤工的なセクシーさがあるよね。いいと思う。伊野ちゃんはああいうの恥ずかしがってあんまりやらない気がする。かわいい(自担に甘い)。

雄也担の友人が(上記と同一人物)、『Myojo』の雄也がブスだと嘆いてました。タイミングがずれることもあるさ…。その点伊野ちゃんは基本的に事故率低くて好き。そんなところも好き。そんな彼女はいま私のベッドで寝ています。いい加減起きろ(愛ゆえの怒り)。

そういえばこの前、人生初ジャニショ行きました。1万円分の写真を買って(56枚中50枚くらい伊野尾さん)、大満足…というわけにもいかず、家帰ってからもっと買っておけばよかったー!と後悔。最近薮さんと知念さんにはまりつつあるので彼らの写真をもっと買うべきだったかな、と。薮さんは写真より動画のほうが好きなので、まあいいとして知念さんの可愛さったらないもう好き。かわいい。何でも買ってあげたい。一生懸命に何かしている知念さんが大好き。