読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAYONAYO

ナンダカ ボク キミシカ ミエテナイミタイ

最近の女子の「カワイイ」について

最近私事ではありますが、カラコンにしました。そこでちょっと「カワイイ」に関して思うことがあったので私なりの美意識?について語ってみたいです。

まずカラコンにして何が変わったって、たぶんそんなに変化はないんですがやっぱりどこか顔は変わりますよね。私の場合黒コン→茶コンにしました。黒コンは本当に目に表情がなくなります。きっとコスプレとかにはいいのでしょうね。確かにくるっとまるっと瞳が大きくなってなんとなく庇護欲を掻き立てられるような、小動物っぽくなるようなかんじはしました。ただ少し怖いです。人形っぽくなるんです。サイボーグとか人工知能とかそういうイメージのちょっと冷たい雰囲気にもなる気がします。人間らしさが消えるんです。このとき少し日本の女子の「カワイイ」は大丈夫なのか…と心配になりました。茶コンは黒コンよりずっと柔らかく、瞳になじむ気がします。そしてより自然に、目を一回り大きく見せてくれます。白目と黒目の境目をはっきりさせることで瞳が大きく見えるといいますが、たぶんこれがちょっとだけ不自然な感じを生み出しているのかも。でもでもやっぱりなるほどたしかに世の女子がカラコンにはまる理由がよくわかる。アイラインを引く必要がなくなるんじゃないかと思うんです。カラコンして、瞳が大きく見えるから目の周りのメイクが薄くなって、流行りのナチュラルメイクが完成、というところでしょうか。でもそれって全然ナチュラルじゃない…。これで完成する「カワイイ」は本当に「カワイイ」の?とここで「カワイイ」の定義が混乱。カラコンはたぶん「カワイイ」を作る…というよりは、「流行り顔」を作ることに向いているんだと思います。

私はかれこれ5年以上もアイプチをして生活しています。そりゃもちろんやったほうが可愛くなるからしているんですが、時々不安にもなるわけです。この生活一生続けるのかなーって。だったら整形しちゃおう!とも思います。結局メイクは詐欺と一緒ですよね。それはそれで私は全然いいと思うんです。カラコンして、つけまつげして、アイプチして、って自分をきれいに見せる努力は最低限必要だと思うし、それが自分なりの美意識なら全然アリです。ちゃんと自信もって、「これが私のカワイイだ!」といえるならきっと誰も何も言いません。人によって「カワイイ」も違いますからね。

でもこういう風に、自然の顔にだいぶ手を加えて化粧をするならある程度「自然に見える」ようには努力するのが一番大事だと思います(ナチュラルメイクが良いと言っているわけではありません)。アイプチしているせいで、瞼が裏返ったりだとか、その上から無理やりシャドウをのせてテカっていたり、不自然にキラキラしていたり、アイテープが見えてしまっていたり、つけまつげが変に曲がり切らなくておかしな方向から生えてしまっていたり…とか、そういうの。ばれない努力はすごく大切です。ちゃんと自然に見えるまで練習したほうがいいです。そしてわれらがいのちゃんも言っていましたが、「メイクはこれであってるかお母さんに確認したほうがいい」ということ。同年代の友達だと気を使って「大丈夫、変じゃない」とか言っちゃうかもしれないですからね!女子って自分より見た目がよくない子といるほうが安心する生き物だと思っています。つるんでる子たちの顔のレベル(系統)って似通ってくると私も思います。もちろん例外も多々ありますよ!サバサバした子、自分の趣味に没頭する子はどんな人とでも付き合うイメージ(他人に興味がないから)(ただし自称サバサバは除外)。

ここまで書いて結局何が言いたいかというと、「初対面でこの顔は詐欺だ!と言えないなら偽装はするな!!」です。「かわいいね」と言われて「カラコンつけまアイプチしてるけど、それでも?」と切り返せるくらいじゃないと、ほんとに詐欺になります。自分をきれいに見せるための努力は惜しむべからず!ただし、嘘はつかないこと!!というところでしょうか。きれいな顔ってすごく人との出会い(恋愛面においてのみならず)の糸口になるしきれいに越したことはないんです。持って生まれる顔は変えられないけど、性格は自分でどうにでもなるんだから糸口を使った後はもう自分次第です。山田氏の「見た目がきれいじゃないと中身知ろうとは思わない」っていう言葉は本当にその通りだと思います。あれだけの容姿の持ち主ならなおさら。たぶん、ある一定のライン超えたら「カワイイ」に差はなくなってくると思うんです。あとは性格の問題(と、前向きに解釈)。

整形も詐欺メイクもいろいろ賛否両論あると思いますが、どちらも節度をもってやれば問題はないと思います。もちろん流行もあるし、華の女子中高大生はそういうのにも敏感だし。ただそれが必ずしも万人に似合うわけではないことを理解しておきましょう(自分に似合うって想像以上に大事ですよ!)。そう、ちょうどいいってすごく大事。