読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAYONAYO

ナンダカ ボク キミシカ ミエテナイミタイ

山田涼介ハッピーバースデー

メンバー誕生日を徒然なるまま

山田涼介の誕生日ですね。本当は昨日の夜0:00に更新しようと思ったんだけど、ケーキ食べて満足してしまいました。今ジャニーズ1顔面偏差値高い男といっても過言ではないくらいの脅威の顔面を持っている山田。今日はそんな彼の魅力について語っていきたい。

まず一つ目の魅力は何といってもあの顔ですよね。肌がきれいで、顔のほりが深くて、見た目の欠点といえば身長くらいで(でも彼が身長高かったらそれもそれでいやだ)、『an・an』の山田は彼の本領を発揮できていたと思う。背が小さくてもあふれ出る色気と、どの角度でもかっこいい、どんなポーズでも様になるあの美しさ。イケメンと表現するにはその言葉じゃ役不足。彼こそがHey!Say!JUMPの絶対的エースなのである。

そして内面はというと、一言でいえば「とっても負けず嫌いで人見知りな俺様野郎」という感じでしょうか。昔はそんなに歌も上手じゃなかったし、ダンスも一番なわけじゃなかった。それでも今じゃ、彼がどっちも一番うまいという評価が一般的。それはやっぱり山田の努力値がものすごかったからで、負けず嫌いが上手に作用したんでしょう。「切なさ、ひきかえに」は薮くんが歌詞を書いたこともあって、ドーム公演のとき薮くんが基本的にセンターとっていたんだけれども、画面の端でなにやらめちゃくちゃ目立つ一人の青年(少年)。そう、山田涼介である。どこにいたって、なにをしていたってどうしたって目立つのだ。さすがエース、さすがセンター、さすがメンバーカラー赤ですわ。人見知りエピソードとしては、まあ、友達が少ないですよね。圭人と知念くらいしか友達いないんじゃないの?大丈夫?しかも超インドアで毎日ゲームしてる。現代っ子だねぇ。かわいい。自分の容姿に関しては何とも思わないとか言いつつ、コンサートの時は超超俺様で超超ナルシスト。本当の私生活はどんなんか知らないけど、期待を裏切らないその言動に根強いファンがいつまでもついてくんです。そう、彼はいい意味でギャップがない。期待通りのことをやってくれる。ファンは山田の吐息と、アイラブユー、ウィンクを求めている。ありがとうありがとう、私はそれらを享受してこれからも生きていきます。

そしてなんといっても彼の一押しすべきは演技力。暗殺教室も見てないにわかファンだからあんまりとやかく言えないけれど、なんとなく闇を背負っている役が似合う気がします。たぶん顔が現実離れしているから、こう、闇を背負っていてもきれいだし、絵になる。個人的に「この人演技うまいなー」って思うのって怒鳴ったり、大声出したり、必死になるシーンでわかると思う。女優でそれにめちゃくちゃ当てはまったのは、『八日目の蝉』の小池栄子と、『ツナグ』の橋本愛。『グラスホッパー』の山田はそれがめちゃくちゃよかったからツボにはまったんだと思う。「だったらすぐそのクジラって野郎探して来いよ!!!」(言葉違うかも)がっシャーンって酒瓶蹴るところとか、そのあとの気まずい表情とか大好きだよぅぅぅぅぅ。なにもう!!!そんなことできるの!!??あとはもちろん「そいつァヘビィだなァ」ですよね。血だらけの山田まじGOOD JOB。こっちの心臓がパンク寸前ですわ…。殺す気…。ああ、そうか君は殺し屋だったね…。山田になら殺されてもいいとわりと本気で思えたよ。あとは2013年のテレビドラマ『今日の日はさようなら』の時の山田氏は私の中で最高に好きなキャラだったよ。霊安室で笑うあの気持ち悪さ!!気持ち悪いのに、美しい!!!普段全然猫背じゃないのに、めっちゃ猫背にして、色が白いから病弱な感じがとても似合っていたよ。本来のキャラとも正反対なのがよかったですね。私は好き。2015年の山田主演はそんなそんなって感じでした。主演の山田はあんまり好きじゃないのかもしれない。

上記の内容からみると、私はきっと「わきにいるのにセンターを取って食う勢いのある山田」が好きなんだ。もちろんセンターにいる山田も好きだけど、それはもういつものことで当たり前で、世界の常識であるためにもうこれ以上何も言うまい。

あーーー山田についてはかけることはこれくらいだろか。好きだ。本当にかっこいい。すごいよねぇ。とにかく山田涼介23歳おめでとう。素敵な一年にしてね。ゲームばっかりやりすぎちゃだめだよ。私もJUMPの動画ばっかり見てるから人のこと言えないけど。でも朝からオンラインゲームやるために知念起こしちゃだめだよ。かわいそうだからね。これからも山田氏の活躍をお祈り申し上げます。